墨田区区議会議員大瀬康介

すみだ行革110番 墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを追及する墨田オンブズマン

ホーム > 墨田区の問題

墨田区の様々な問題を追求し解決します

区民の皆様からの情報提供、お待ちしております。

【実績】 解決できた問題

【注目】今後も注視すべきの問題

北斎館(すみだ葛飾北斎美術館)問題

北斎資料収集基金では北斎利権が作られ、北斎版画が高値で購入されていたり偽物を掴まされたりしています。 区民の求めていないハコモノが何故作られるのか墨田区議会議員大瀬康介がその真相を調査しました。 もっと詳しく…>>>

北斎問題

墨田区曳舟再開発官僚利権問題

多額の税金が墨田区再開発の名目で官僚の天下り外郭団体や公益法人に食い荒らされている実情を墨田区議会議員大瀬康介が調査しました。 【曳舟再開発】UR都市機構・不燃公社【錦糸町再開発】アルカタワーズ株式会社・墨田区文化振興財団 もっと詳しく…>>>

曳舟再開発官僚利権問題

墨田区錦糸町再開発官僚利権問題

記事作成完了まで、しばらくお待ちください。

国際ファッションセンター問題

旧墨田区役所の跡地はそもそも墨田区民の財産です。 その跡地にファッション産業育成を大義名分に国、東京都、墨田区、民間企業を巻き込んだ、いわゆる官僚の天下り法人と呼ぶべき国際ファッションセンター株式会社が1991年(平成3年)9月20日に作られ、住民の反対を押し切って国際ファッションセンタービルを建設しました。 しかし、その内容は多額の税金を使ってまでやる様な公共性のある事業では無く、ビルの大部分がホテルやテナントが入るスペースとなり本来のファッション産業育成に拘わるスペースはごく僅かです。 墨田オンブズマンが調査したところ、現在までの17年間で総額40億円を超える区民の税金がこの会社に注ぎ込まれています。 もっと詳しく>>>

北十間川不法係留とは

現在も北十間川に係留してある屋形船。 とある業者の船だが、それが違法だと言う事は意外と知られていない。 あれだけ堂々と係留してあるからきちんと許可を取っていると思われがちだが、実は違法な上に問題が山積みなのだ。
北十間川の付近は歴史的に関東大震災、東京大空襲で火災旋風が発生し数万人の犠牲者を出している地域です。
それにも関わらずプラスチック製で多量の燃料を積んだ屋形船が違法に係留してあるというのは問題だ。もっと詳しく>>>

墨田区の議員・公務員別による不正と問題

墨田区長 山崎昇

衆議院議員民主党 木村たけつか

墨田区議会議員自民党 福田はるみ

墨田区議会議員民主党 阿部きみこ

墨田区議会議員自民党 沖山仁

墨田区議会議員自民党 瀧澤良仁

墨田区議会議員自民党 田中くにとも

墨田区議会議員無所属 江木義昭

墨田区議会議員自民党 木内清

墨田区議会議員自民党 出羽邦夫

墨田区議会議員自民党 山本とおる

ページのトップへ戻る